アウトドアにおけるウェットティシュ

最近はコロナウイルスの影響もあってかキャンプが非常に人気です。
全国のキャンプ場は軒並み予約でいっぱいになっており、なかなか予約が取りにくい状況が続いているようです。
また、自治体で運営しているキャンプ場ではこれまで感染防止のため、稼働していない状況が続いていましたが、こちらについてもまもなく解禁される場所が多いようで、キャンプ人気はこれまで以上に高まっていくのではないでしょうか。

筆者も年に数回程度ではありますがキャンプに赴くのですが、様々なキャンプ用のギアを揃えていく中で、意外と無くては困るものがあります。
それはもちろん「ウェットティシュ」です。
キャンプではテーブルや食器などを繰り返し使用するため、手指を拭くことはもちろんのこと、これらの道具をその都度拭き取るにあたって使う頻度は非常に高く、また、簡単に身体を拭く際などにも便利です。

こういった場面で用いるウェットティッシュとしておすすめなのが「おでかけ大判除菌ウェットティッシュ」です。
大判サイズであるため様々なものを拭き取るのに適しており、除菌効果もあるため何かと心配な今の時期においても安心して使うことができます。
ギアのお手入れに用いる際には大判タイプでは少々大きすぎる場合があるため、そういった場合には一般的なサイズ感のウェットティッシュも適しています。
大容量タイプであればキャンプ中に使い切ってしまう心配も少なく、こちらも非常におすすめです。

これからどんどんキャンプにうってつけな気候になっていきます。
ここでご紹介したケースのように、ウェットティッシュを使用するシチュエーションなど様々な角度からノベルティを検討することもまた、一興ではないでしょうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。